スーパーライザー

スーパーライザーとは

スーパーライザーとは、鎖骨付近にセットして近赤外線を当てる医療機器です。痛みや不快感を緩和し、さらに治癒・再生を促進する効能が期待できます。 痛みはもちろん、副作用もありません。 インプラント等の施術で身体や精神にストレスが与えられてしまいますが、 スーパーライザーは自律神経のバランスを整え、ストレスによる症状を軽減させ、処置に伴う痛みや不快感を緩和することができます。 またスーパーライザーを行うと血行が良くなり、患者様が持つ自己再生能力をより高めてくれる効果が期待できます。

スーパーライザーを使うと治療にどんなメリットがあるか

通常「無痛治療」は、治療中の痛みや不安を緩和する処置のみを指しますが、治療後の苦痛や不快感を和らげることも大切であると考えます。 そうした強いストレスやイライラ、不安、悲しみ、恐怖心などのストレスが原因で自律神経に乱れは、スーパーライザーで治すことが可能で、施術後に気持ちがリラックスしたり気分が良くなって帰られる方もいらっしゃいます。 また口の中の痛みや知覚過敏などの症状で身体の不調がもたらす黄色信号」として現れているケースにおいても、歯科治療においてスーパーライザーを使用することにより、その結果として身体の調子を整え、口内トラブルを確実に改善してくれるという効果が期待できます。

レーザー治療について

歯科医院におけるレーザー治療とは、「単一の波長」からなるレーザー光線を照射することによって治療的効果を出す方法です。 歯茎や粘膜の治療で行われる歯茎の切開は出血がほとんど抑えられるため、治療部位がしっかりと確認でき、正確な治療が期待できます。また、レーザー照射したことにより術後の出血のリスクを低くすることができます。 歯茎に炎症を起こしている場合には、炎症を起こしている組織を高温で蒸発させて取り除いたり、緩和させることができるため、腫れや痛みを和らげることも可能です。 また、虫歯治療に適したレーザーは歯を削るときの振動や削る音がなく、少量の麻酔もしくは麻酔を使用せずに治療することができます。そのため術中や術後に不快感を感じることなく、痛みの少ない治療を受けることができます。